日本特許庁に対する支払いをウェブ上で納付可能なサービスの開発

本日の仕事募集件数
21652

日本特許庁に対する支払いをウェブ上で納付可能なサービスの開発

  • 報酬
    固定報酬制
    ¥50,000 - ¥100,000
  • 応募数
    5
  • 応募期限
    -

by クラウドワークス

仕事の詳細

私は台湾で特許事務所を経営する日本人の弁理士です。
台湾人向けに日本特許料の支払いシステムをウェブ上で構築したいと考えております。

お仕事の詳細:
▽ウェブ開発依頼の目的・概要
特許権・実用新案権・意匠権を維持するためには1年に1回特許庁に年金を支払う必要があります。
商標権は10年に1回更新手数料を支払う必要があります。
台湾人が日本特許庁に日本円で支払うのがとても不便なので、その支払いをウェブ上で簡単にできるサービスを構築したいと考えています。

具体的には、
①トップページの入力フォームに7桁の特許番号を記入して「納付する」のボタンを押す。
  参考までに私が作成した確認用URL(https://www.jipps.net/direct)を参照ください。
  今のところ日本語ですが、中国語(繁体字)に翻訳します。




納付確認画面を表示するとともに納付年分を設定する

(2年分とか5年分とか複数年分の一括納付が可能となるようにしたいです)





③納付者に納付するかどうかの確認を求める。
(私が所有しているデータベースから特定のデータ(納付金額・納付年数)を取得して画面に表示させて納付者に確認を促す)。

④納付者にメールアドレスを入力してもらう(入金確認や手続き完了を報告するためのメアドです)。

⑤メールアドレスが正しいかどうか確認メールを自動配信で送る(仮登録と本登録みたいな感じ)

⑥納付者が確認メールのリンクをクリックすることでメアドの認証完了。

⑦請求書をメールアドレスに送るorウェブ上でダウンロード可能にする。請求書はフォームはすでに作成済でpdfです。

⑧納付用の書類・

統一発票(台湾式の領収書)

を自動で作成する。

⑨納付が完了すれば、そのことを納付者に通知するメールを送る。

以上

※実際のWebサイト開発/アプリケーション開発の進め方に関して、


私はプログラムに関してあまり詳しくないのでその点を理解して Skypeでコミュニケーションをとりながら作業を進めたいです。
上記は大枠の流れで細かい設定がいろいろ必要になります。作業が追加されるごとに追加費用をお支払いします。
費用に関してプログラマ?ウェブデザイナーの方と交渉しながら決めていきたいです。
サーバは当方で準備せずに依頼者に準備して頂きたいです。

多数のウェブエンジニア・プログラマの方からのご連絡・ご応募お待ちしております。
開始日
2017年11月05日
締切日
2017年11月14日

クラウドワークスについて

会社名
株式会社クラウドワークス(CrowdWorks Inc.)
所在地
東京都渋谷区道玄坂1-8-3 イオレ渋谷ビル7F
サイトURL
https://crowdworks.jp/

クラウドソーシングをもっと広めよう!

ウェブシステムで人気の仕事